動画プラットフォーム「MOVIE BOOTH」 に動画からAIが記事を作成する機能を追加

動画プラットフォーム「MOVIE BOOTH」 に動画からAIが記事を作成する機能を追加

動画をアップロードするだけでAIが動画の要約や記事を自動で作成

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長 兼 CEO亀山敬司、https://dmm-corp.com/ 以下、DMM)は、動画プラットフォーム「MOVIE BOOTH(ムービーブース)」にAI記事作成機能を追加しました。

「MOVIE BOOTH」は、イベントや展示会を主催する企業向けのオンラインイベント開催プラットフォーム事業「DMMイベントテクノロジー」のプロダクトの1つで、オウンドメディアの構築からセミナーのライブ配信まで完結できる新しい動画プラットフォームです。

新たに追加したAI記事作成機能は、「MOVIE BOOTH」にセミナー等の動画をアップロードするだけで、AIがその動画を要約した記事を自動で作成する機能です。

記事の精度を上げるためのターゲット設定や見出しの自動設定機能もあり、セミナーレポートやSEO対策記事の作成コストを大幅に削減することが期待されます。

■AI記事作成機能デモ動画

■「MOVIE BOOTH」概要

「MOVIE BOOTH」は、普段おこなっているウェビナーなどの動画コンテンツをアップロードするだけで、動画型オウンドメディアを構築できるツールです。イベントで作成した動画コンテンツをオウンドメディアとして活用することで、イベントの実施で終わらせず、長期的なリード獲得施策へと転換させ、さらにイベント施策の費用対効果を上げることも期待できます。

サービスサイト:https://online-event.dmm.com/moviebooth/

■DMMイベントテクノロジーについて

「DMMイベントテクノロジー」は、企業がオンラインまたはハイブリッドで開催する社内向けの技術発表会や、社外向けの展示会やイベントを、簡単かつ思い通りに実現していただくためのプラットフォームを提供しています。「テクノロジーで、イベントにイノベーションを。オンライン展示会のやりたいがなんでもやれる」をコンセプトに、臨場感を感じられる3D空間を活用した展示会や、イラストやアバターを活用した展示会など、オンライン展示会で課題となりやすい、参加者とのコミュニケーションの効率化とさらなる活性化を目指します。

サービスサイト:https://online-event.dmm.com/

■合同会社 DMM.com について

会員数3,914万人(※)を誇る総合サービスサイト「DMM.com」を運営。1998年の創業以来、多岐にわたる事業を展開し、現在は60以上のサービスを運営。動画配信や電子書籍、アニメなどの多様なエンタメサービスに加え、3Dプリントや消防車・救急車の開発といったハードウェア分野、web3やAIなど最先端のテクノロジーを取り入れた事業など、様々な事業を手掛けています。2022年にはサブスクリプション会員システムの「DMMプレミアム」を立ち上げ、あらゆるエンタメ体験をシームレスにつなぐ「マルチエンタメ・プラットフォーム」の創造を目指しています。今後も、コーポレートメッセージ「誰もが見たくなる未来。」とともに、変化と進化を繰り返しながら、新たな事業に挑戦してまいります。
※2022年2月時点

・企業サイト:https://dmm-corp.com/
・プレスキット:https://dmm-corp.com/presskit/

【リリースとご取材に関するお問合せ】
DMM.com 広報部
〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F
TEL:03-5797-8926(連絡可能時間帯:平日10:00~19:00)
E-MAIL:release-dmm@dmm.com
リリース:https://dmm-corp.com/press/

出展募集中の展示会