リスティング広告とは?メリット・デメリットや費用、運用のポイントを分かりやすく解説!

リスティング広告とは?メリット・デメリットや費用、運用のポイントを分かりやすく解説!

リスティング広告とは、「検索連動型広告」と呼ばれ、GoogleやYahooなど検索エンジンの検索結果に表示されるWeb広告のことをいいます。検索キーワードに対して広告を配信できるため、ニーズの強い顧客と接点を持ちやすいのが特徴です。

そこで今回は「配信の仕組みや費用を理解して、積極的に活用したい」という方へ向けて、リスティング広告の仕組みやSEOとの違い、メリット・デメリット、費用などについて分かりやすく解説します。また、広告運用のポイントも併せて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

リスティング広告とは?

そもそもリスティング広告とは、どのような種類のWeb広告なのでしょうか。
ディスプレイ広告やSEOとの違いも含めて解説します。

(1)リスティング広告の意味と仕組み

リスティング広告(検索連動広告)とは、ユーザーが検索したキーワードに応じて、検索エンジンに表示されるWeb広告のことです。広告主が検索キーワードをあらかじめ設定しておけば、ユーザーがそのキーワードで検索を行った際、検索結果に商品やサービスの広告を表示できます。リスティング広告は、関連性の高いキーワードについて「知りたい」「買いたい」というニーズを抱えたユーザーに対して、広告をタイムリーに届けられるのが特徴です。そのため、自社のターゲットに近いユーザーと接点を持ちやすく、効率良く集客できるマーケティング手法と言えるでしょう。

(2)ディスプレイ広告との違いとは?

ディスプレイ広告とは、ポータルサイトや各種Webサイトの「広告枠」に表示される広告のことをいいます。検索キーワードとは関係なく、ターゲットの性別や年齢などをある程度絞って表示できる広告です。リスティング広告よりも広い範囲が対象になるため、主に潜在層へのアプローチ施策として活用されます。

リスティング広告との大きな違いは、表示場所と広告内容です。まず広告の表示場所に関して、リスティング広告は、検索結果の上部または下部のスペースに表示されます。一方のディスプレイ広告は、Webサイト側の設けた広告枠に表示されるのが特徴です。また、広告内容に関して、リスティング広告は「見出し(キャッチコピー)」「説明文」「URL」という3つのテキストを表示できます。一方のディスプレイ広告は、テキストに加え、静止画や動画も表示できるのが強みです。両者の効果や役割は違うため、目的に応じて使い分けるようにしましょう。

効果的なテキストの書き方について知りたい方は『顧客の関心を得るキャッチコピーの作り方とは?意味から手順まで解説』も併せてご覧ください。

(3)SEO・自然検索との違いとは?

自然検索とは、検索エンジンの検索結果において「リスティング広告以外」の部分のことです。自然検索には、ユーザーの検索したキーワードと関連の高いWebページが、検索エンジン独自のアルゴリズムに基づいて表示されます。ちなみに、リスティング広告によって表示されるURLには「広告」の表示がありますが、自然検索によって表示されるURLには何も表示がありません。

また、自然検索でWebサイトを上位表示させるための取り組みを「SEO対策」といいます。効果的なSEO対策を実施すれば、広告費を使わなくてもサイトへの流入を増やせるのが特徴です。しかし、検索エンジンのアルゴリズムを把握することは難しく、検索ニーズに応えられるようなコンテンツを用意するにも時間がかかります。そのため、SEO対策は長期的な施策、リスティング広告は短期的な施策として併用することも1つの戦略です。

SEOについて詳しく知りたい方は『SEOとは何か?初心者でも分かる認知拡大の基本と具体的な施策』の記事も併せてお読みください。

リスティング広告のメリットとは?

リスティング広告を活用することで、企業にどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、大きく3つのメリットについて解説します。

(1)ニーズが顕在化した顧客へアプローチできる

リスティング広告の特徴は、ニーズが顕在化した顧客と接点を持てることです。例えば「駅の近くにある喫茶店を知りたい」「肌の悩みを解決できる美容液が欲しい」などの検索ニーズに合わせ、関連性の高い広告を表示できます。そのため、ユーザーにその後の購買行動を促しやすく、コンバージョンにつなげやすいのがメリットです。

コンバージョンについて詳しく知りたい方は、『コンバージョンとは?CVRを上げる方法と具体的な進め方』の記事も併せてお読みください。

(2)低額からでも配信できる

リスティング広告は、ユーザーからクリックされてはじめて広告費用が発生します。また、広告費用に関して「1クリック当たりの単価の上限(入札単価)」や「1日当たりの上限金額」などを、あらかじめ柔軟に設定できるのも特徴です。そのため、低額からでも無理なく広告を配信でき、広告費用を使いすぎることもありません。

(3)リアルタイムで改善を図れる

リスティング広告の特徴的なメリットは、広告主が管理画面から広告の成果をリアルタイムに確認できることです。例えば、クリックされた回数や割合、月内に使用した広告費用などを細かく把握できます。なおかつ、広告の見出しや説明文を即時修正できます。そのため、リアルタイムで現状を分析でき、広告の成果を一層高められます。

リスティング広告のデメリットとは?

リスティング広告には数多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットがあるのも事実です。
ここでは、リスティング広告のデメリットについて解説します。

(1)「広告慣れ」しているユーザーからクリックされにくい

リスティング広告には、自然検索と区別するため「広告」の文言が記載されます。そのため、広告に対して抵抗感を抱いているユーザーからは、クリックされづらいのが実情です。加えて、リスティング広告はあくまで検索エンジンの指定したキーワードの検索結果でしか表示されないため、日常的に検索エンジンを使わない顧客へのアプローチには適しません。

(2)視覚的な訴求ができない

リスティング広告は、見出しや説明文などの「テキスト」しか表示されないのも特徴です。そのため、ディスプレイ広告やSNS広告、その他動画プラットフォームでの動画や静止画が表示できる広告と比べると、視覚的な訴求力はありません。動画や静止画で商品やサービスのイメージを訴求したい場合には、別の広告施策も併用する必要があります。

リスティング広告の費用はどう決まる?

リスティング広告の費用は、どのような仕組みで決まっているのでしょうか。
ここでは、リスティング広告の課金制度や予算の決め方について解説します。

(1)費用は「クリック課金」で決まる

リスティング広告は、クリックごとに料金が発生する「クリック課金(Cost Per Click)」が採用されています。クリック課金は、広告主が検索キーワードごとに「払える単価の上限」を設定し、検索エンジンがそれに基づいて入札を行う仕組みです。入札で選ばれた広告は、そのキーワードがユーザーに検索された際に表示されます。

ちなみに広告主は、管理画面から「1日当たりの入札額」「1か月当たりの入札額」などの上限も設定できます。リスティング広告の費用はあらかじめ広告主が設定しておけるため、予算計画を立てやすくなるのが特徴です。

(2)リスティング広告の予算はどう設定すべき?

リスティング広告の予算は、売り上げや資料請求の数など、達成したいコンバージョンをもとに計算するとスムーズです。例えば、1か月の売り上げ目標を達成するために、リスティング広告で「月1,000クリック」の獲得が必要だとします。その際、クリック当たりの単価が100円だとしたら、「100円×1,000クリック=10万円」が1か月の予算です。このように狙った成果から逆算すれば、広告の費用対効果も計算しやすくなるでしょう。

リスティング広告を運用する際のポイントとは?

リスティング広告で効果を出すためには、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。
ここでは、リスティング広告を運用する際のポイントについて解説します。

(1)競合他社との差別化を意識する

リスティング広告を活用する際には、競合企業との差別化も意識することが大切です。例えば、あえて競合他社の狙っていないキーワードを選び、ターゲットが重複しないようにするのも1つの方法でしょう。また、競合他社の広告に使われている見出しや説明文を把握した上で、広告メッセージを差別化するのも効果的です。こうして定期的に他社の広告を分析することで、自社独自の強みを打ち出せるようになり、成果も高めやすいでしょう。

(2)費用対効果の高いキーワードを選ぶ

リスティング広告では、キーワードの選び方によって効果も大きく異なります。例えば、「歯医者」「社員研修」のような1語だけのキーワードは、検索ボリュームが大きい一方、他社と取り合ってしまい入札単価がはね上がるケースも珍しくありません。そのため、あえて「歯医者 都内 予約」「社員研修 管理職 料金」のように2語以上でできた「ロングテールキーワード」を設定するのも1つの方法です。2語以上のキーワードはユーザーのニーズがより明確化している状態なので、検索ボリュームが小さくてもコンバージョンを期待しやすくなります。

(3)広告の品質を高める

リスティング広告の入札結果は、一般的に「広告の品質」と「入札単価」で決まると言われています。つまり、広告の品質を高めれば、より広告を配信できるチャンスも増えるということです。例えば、広告の内容をよりキーワードと関連性の高いものにすることも、広告の品質を高める1つの方法でしょう。ユーザーにクリックされやすい良質な広告を制作すれば、その後のコンバージョンにもつながりやすくなり、費用対効果も高まります。

リスティング広告はリアルタイムな効果測定と改善を

リスティング広告は、管理画面から配信状況や効果をリアルタイムに確かめられるのが強みです。そのため、費用対効果を踏まえてリアルタイムで広告内容を改善することで、狙った成果を実現しやすくなるでしょう。

また、リスティング広告以外のマーケティング施策に対しても、市場の動向や社会状況を踏まえて柔軟に改善を図ることが重要です。当社では、近年の時流を踏まえた最新のマーケティング施策について、お役立ち資料『コロナ禍で大きく変わる最新BtoBマーケティング手法厳選3選』にて解説しています。下記より無料でダウンロードができますので、ぜひお気軽にご活用ください。

資料ダウンロード | コロナ禍で大きく変わる最新BtoBマーケティング手法厳選3選

DMMオンライン展示会の詳しい資料をご希望の方はこちらからお問い合わせください。

出展募集中の展示会