続きはビジネスIDに登録すると視聴できます。
ビジネスIDに登録すると、他のすべての動画も無料で視聴できます。

double jump.tokyo × 手塚プロダクション 鉄腕アトムNFTから見えてきた「IP × NFT」の未来

アニメ・ゲームサミット2022 Summer

33:10

2022年08月31日放送

アニメ・ゲーム

動画全編をご視聴いただくには会員登録が必須となります。

こちらは2022年08月に実施されました、DMM主催「アニメ・ゲームサミット2022 Summer」にて放送された動画のアーカイブ版です。

漫画原稿モザイクアートNFT「鉄腕アトム」の落札額が120ETH(当時約5600万円)を記録し、大きな話題となったNFTプロジェクト「From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)」。
プロジェクトのキープレイヤー2名が、そこから見えてきた「IP × NFT」のありかた、将来の展望について解説します。

高宮 孝治

double jump.tokyo株式会社
NFTプロデューサー

2018年5月double jump.tokyo入社。ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」「My Crypto Saga」の制作を担当。2021年よりNFT開発支援サービスNFTPLUSディレクターとして「Crypto双雲(書道家 武田双雲氏)」「SAMUARI cryptos(ゴンゾ)」「From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚プロダクション)」等の「IP x NFT」プロジェクトを手掛ける。

日高 海

株式会社手塚プロダクション
クリエイティブ部プランナー

1978年生まれ 東京都出身
1999年 株式会社手塚プロダクション入社
出版局での採用の後、版権部商品課(商品デザイン・監修)、事業部企画課(展示・ライブイベント、舞台などの企画・制作)へ移動。
2006年より現在のクリエイティブ部に移り、プランナーとしてデザイン開発・監修、新規事業の企画、展開などに従事。

地域通貨「アトム通貨」本部広報
知的財産管理技能士
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  プロジェクト研究員

【おもな著書(共著)】
「アトム通貨で描くコミュニティデザイン」(新評論)

現在再生中の動画と同シリーズの動画

人気・注目